快気祝いは何がいい

快気祝いは何がいいのか、喜ばれるものとは

スポンサーリンク

病気やケガをした時に頂戴したお見舞いに対して贈るお返しが快気祝いです。
快気祝いは何がいいか贈る方として大変悩むものです。
一般的には使ったり食べたりしてなくなってしまうものが良いとされています。
これは、病気やケガがきれいになくなったことを喜びお祝いするものだからです。
定番としては、お菓子・コーヒーやお茶・ジュース・洗剤や石鹸類・タオルセット・調味料などの品物です。
消えてなくなってしまう物、溶けてなくなってしまうも物を贈ることが快気祝いのマナーとされています。
そうは言っても快気祝いは何がいいのか悩んでしまう方は多いものです。
相手のご家族の構成を考えることも大切なことです。
小さなお子様がいるご家庭には子供も食べることができるお菓子にすると喜ばれます。
アルコール類が好きな方がいるご家庭には、ビールとジュースがセットになっている贈答品が喜ばれます。
また、常日頃仕事で忙しい生活を送っている方には缶詰めやお茶漬け・漬け物のセットが喜ばれます。

スポンサーリンク

会社やサークルなどの大勢の方からお見舞いをいただいた場合には、皆さんで分けられるお菓子やコーヒー類がベストです。
時々金券類を贈る方を見かけますが、快気祝いのマナーとしては良くありません。
特に相手が目上の方の場合は失礼になってしまいます。
快気祝いは何がいいか、ひと言で言えば消耗品を選べば問題ありません。
そうは言っても贈った品物を相手の方が本当に喜んでくださるかどうか分かりません。
相手の方が好きな物を自由に選んでいただくのが良いという場合は、カタログギフトを贈ることをおすすめします。
カタログギフトは価格も様々で、掲載されている品物も豊富にあります。
こちらで悩む必要がありません。
金額は品物を贈る時もカタログギフトを贈る時も、いただいたお見舞いの1/3〜半分位の価格の物を目安に選べば問題ありません。
また快気祝いを贈る場合は、相手にお礼の気持ちを伝える礼状を添えると、更に心がこもった物になります。
今の病状や感謝の気持ちを伝えることを忘れずにいたいものです。

スポンサーリンク