快気祝い 喜ばれるもの

快気祝いで喜ばれるものとは

スポンサーリンク

快気祝いは病気やケガなどで入院したり休んだりした時にいただいたお見舞いに対するお返しのことです。
別の言い方で快気内祝いとも言われます。
だいたい退院後1ケ月以内に贈るのが一般的ですが、病状が安定しない場合は、安定してから贈る形でも差し支えありません。
贈り方は頂いた人がお礼の気持ちをこめて直接持参するのが礼儀です。
しかし遠方であったり体調面でまだつらい時期であったりする場合は、ネットショップの利用や宅配便の利用なども考えられます。
また、入院が長引きそうな状況で病院からリハビリ施設へ転院するなどという時は、そのタイミングで一度お見舞い御礼として贈る方法もあります。
病気やケガが全快したことの報告やお見舞いを頂戴したことへの感謝やお礼の気持ちが表れていることがとても大切なことです。
快気祝いの相場としては、いただいたお見舞いの1/3から半分位が妥当なところであり一般的な範囲です。
半返しという言葉がありますが、だいたいその位が適当ということです。

スポンサーリンク

快気祝いを贈る場合は、のしは結び切りののしを使います。
お祝い用ののしには2種類ありますが、一度だけにしたいお祝いはほどけにくい結び切りの水引きがついたものにします。
何度あってもよいお祝いは蝶結びのものを使用します。
表書きは上に「快気祝」、下に病気をした人の姓を記します。
快気祝いで贈る品物は食品・石鹸・洗剤・調味料・タオル・お茶やコーヒーなどの消えてなくなる品が一般的です。
病気やケガがきれいになくなったことを祝うのが快気祝いです。
溶けてなくなるもの、洗い流せるもの、後に残らないものなどの消耗品を贈るのが正しいマナーです。
女性や目上の方にはお菓子の詰め合わせや高級スイーツが喜ばれるものです。
会社などのグループでのお見舞いのお返しには数の多いお菓子・コーヒーなどが喜ばれるものです。
金券類はお金に代えて贈る物であり、特に目上の方には失礼になります。
相手の方に好きな品を選んでいただく形が良いのであればカタログギフトが喜ばれるものです。
忘れてはならないのは品物と一緒に、心のこもったお礼の手紙や礼状を添えると、より感謝の気持ちが伝わるということです。

スポンサーリンク