快気祝い お菓子 おすすめ

快気祝いに贈るものはお菓子がおすすめ

スポンサーリンク

入院した際にもらうお見舞いですが、退院をした際にはお返しをしなくてはいけません。
それを快気祝いと言います。
快気祝いはお見舞いをもらった人への御礼と共に退院しましたよ、の御挨拶として贈るものです。
退院してすぐはバタバタするため、退院から1週間〜2週間ほどの間にお返しするのがマナーです。
そこで悩んでしまうのがどんな商品を贈ればいいのかということです。
快気祝いとしておすすめなのが「洗い流す」という意味の洗剤や柔軟剤、入浴剤や「食べてなくなる」という意味のお菓子やお茶、砂糖などです。
これはどちらも「不幸を残さない」という意味合いが込められているもので、快気祝いの品としておすすめされるものです。
個人にお返しするものならば洗剤や入浴剤でも構いませんが、会社の同僚などの複数の人から貰ったものの場合にはお菓子がおすすめです。
個包装になっていて日持ちのするお菓子ならば複数人でもらったお見舞いのお返しとしては最適です。

スポンサーリンク

快気祝いの金額の相場はお見舞いでもらった金額の半額〜3分の1程度が相場だと言われています。
あまり高額すぎると相手に気を使わせてしまい逆に低額すぎると失礼に当たるため、相場の金額程度のものを贈るようにします。
贈るものは金額がわかってしまうものは失礼に当たるため金額のわからないものを贈ることが多いのでが、高額なお見舞いをもらったり、好みのものがわからない場合には「お好みのものがわからなかったので」という一言を添えてカタログギフトや商品券を贈って、自分の好みのものを購入してもらおう、と考える人も増えてきています。
また、快気祝いののしは紅白の結び切りを使います。
不祝儀のお返しのため、二度と起こらない方が良い時に使用する結び切りを利用します。
退院時に全快していて、通院も必要がない時にはのしの上書きは「全快祝い」にすることもありますが、どちらにしてもかまわないと言われています。
折角頂いたお見舞いのお返しなので、失礼がないように贈るようにしたいものです。

スポンサーリンク