快気祝い 挨拶文 文例

快気祝いの挨拶文の文例集

スポンサーリンク

快気祝いの挨拶文を出す場合、どのような文章を出せばいいでしょうか。
文例に沿って紹介します。
快気祝いですので、入院などをしていた場合には、まずは無事に退院できたことを報告します。
文例としては「私〇〇は、昨年の〇月より入院、療養中でしたが、おかげさまをもちまして、〇月〇日に無事に退院することができました」となります。
それに続けて、入院中にご心配をかけたことへの言葉や、お見舞いなどに来ていただいている場合には、そのときのお礼をします。
文例としては、「入院中はご多忙の中、わざわざお見舞いにお越しいただきありがとうございます。
また、病で弱っているときに、心強いお言葉を頂いたこと感謝しております。
本当にありがとうございました」などです。
また、お見舞いの品や見舞金などを頂ているときには、こちらのお礼も併せてします。
快気祝いの挨拶文の場合には、現状の報告と、これまでのお礼を心を込めて伝える文章にすることが大切なのです。

スポンサーリンク

また、快気祝いの品を同時に届ける場合には、そういった感謝の意を伝えて、そのお礼であることを書いておきます。
例えば、「つきましては、内祝いのしるしとしてここぞとばかりの品をお届けいたしましたので、なにとどお治め下さい」となります。
直接もっていかなかった場合には「本来ならお伺いして直接お礼を申し上げるところでございますが、退院したばかりのため、書面にて失礼いたします」と添えておくといいでしょう。
そして最後に、他の挨拶文同様、相手の方のご多幸などを祈念する文章を添えて、挨拶文を終わらせます。
例えば、「末筆で失礼ではございますが、あなた様のご多幸とご健勝をお祈りして、快気祝いの挨拶文とさせて頂きます」という形で結びます。
快気祝いの挨拶文の目的は、現状の報告、これまでのお礼、そして送る相手への気持ちという3つの要素を組み合わせているのです。
これを軸に送る相手別に文章を変えると他にも利用することができます。

スポンサーリンク