快気祝い 手紙 例文

快気祝いにお礼の手紙を添えるときは、例文を参考に

スポンサーリンク

辛い闘病生活に一区切りをつけ、退院できたり症状が回復したときは、入院中にお見舞に来てくれた方等への快気祝いを考えることとなります。
遠い中、わざわざあなたのもとへ来てくれた方もいるかもしれませんので、快気祝いを贈るというマナーは守るようにした方が良いです。
快気祝いには、品物を贈ることも多いですが、そのときに、あなたの感謝の気持ちをこめて手紙を添えると、相手に一層喜んでもらえます。
退院したことは、あなたから直接聞かなくても、間接的に知っている場合もありますが、手紙に書いておけば、無事に退院したことを確認することができ、相手にも安心してもらうことができます。
手紙の書き方については、例文を参考にしながら書くと、マナー違反となることにはならないので、例文を参考にしながら自分の言葉で書くようにしましょう。
その際、病気や怪我は繰り返し起きては縁起が悪いため、「ますます」「いよいよ」「返す返す」等、重ねる言葉は使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

では、具体的な例文ですが、どんな手紙でも、冒頭に挨拶文を入れておくと、書き出しがスムーズです。
たとえば、「拝啓 〜〜の候 皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。」等です。
次に、あなたが入院している間、お見舞に来てくれたことへの感謝の気持ちを書きます。
たとえば、「入院中は、大変ご多忙の中、お見舞にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。」等です。
そして、退院できたことを報告します。
「おかげさまで、体調は順調に回復し、〜月〜日、退院することができました。」等です。
ここで退院日を書いておけば、相手にもより安心してもらえます。
そのあとは、今後のことや最後のあいさつ文を書きます。
「しばらくは療養期間とし、体調の回復に努めます。
皆様のご健康とご多幸を心からお祈りしております。
 敬具」等です。
ここまでで本文は終了ですが、快気祝いや内祝いを贈るときは、最後に追伸として、「内祝いの印として心ばかりの品をお贈りします。」等と添えると良いでしょう。

スポンサーリンク