快気祝い お返し 商品券

お見舞いのお返しに贈る快気祝い 商品券でも良いのか

スポンサーリンク

病気や怪我で入院すると、お見舞いをもらうことがあります。
無事に退院した時にはお返しをするものですが、マナー違反にならないようにしたいものです。
頂いた御見舞いのお返しは快気祝いと言い、病気や怪我が治癒しました、お見舞いをありがとうございます、の意味を込めて贈るものです。
お見舞いをいただいた方にお返しするものなので、お見舞いを頂いてない方へも贈るのは珍しいものです。
快気祝いの品物の金額の相場は「半返し」と言い、頂いたお見舞いの半額の金額のものが相場だと言われていますが高額のお見舞いをいただいた場合には3分の1程度でも良いと言われています。
病気や怪我などの不祝儀へのお返しになるため、贈る品物は不幸を残さないために、昔から「洗い流せるもの」で石鹸や洗剤、入浴剤、「消えて無くなるもの」で砂糖やお菓子などを選択します。
職場の人からまとめて頂いたお見舞いのような場合には、お返しの金額を一律にして、お菓子の詰め合わせなどをお返しすることもあります。

スポンサーリンク

しかし、現在は洗剤やお菓子と言っても多くの種類があり、どのようなものを贈ればいいのか迷ってしまいます。
そんな時に便利なのが商品券です。
商品券にしてしまうと金額がわかってしまうためマナーに反するという人もいますが自分の必要なものを買ってもらった方が良い、という風潮になっているため、快気祝いとして商品券を贈る人も増えてきています。
この場合にも金額は頂いたお見舞いの半額〜3分の1程度になります。
それでも上司やお世話になった年上の方など、目上の人や、高額のお見舞いを頂いた方への快気祝いに商品券を利用するのは失礼にあたると言う人もいます。
そのような場合には、金額がわからないギフトカタログを「お好みのものがわからなかったので」という言葉を添えて、贈るのが無難です。
快気祝いを贈るタイミングは、退院後落ち着いてからでも構いません。
しかし、あまり遅くなりすぎるのも失礼に当たるので、退院から1週間〜10日ほどを目安に贈るようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク