快気祝い お返し 会社 職場

会社や職場関係の方から快気祝いをいただいたときのお返しとマナー

スポンサーリンク

あなたが病気になり病院で入院しているとき、病気の事実自体はとても辛いものです。
しかし、そんなときでも、会社関係の方や職場の方から気遣っていただき、お見舞金等をいただくことがあります。
病気で辛いときに気遣いをしていただいたら、病院を退院したときや、病気や怪我が治った後に、気遣っていただいたことやお見舞いに来てもらったことへの感謝の気持ちをこめて、お返しをするようにしましょう。
何を贈ったら良いか悩む方もいらっしゃるかと思いますが、最低限のマナーを守っておけば安心です。
まず、病気が後に残らないよう、食べて消えるものや洗い流せるものを選ぶと良いと考えられています。
たとえば、食べて消えるものとしては、砂糖やお菓子類、洗い流せるものとしては洗剤が代表的です。
このあたりをお返しの贈り物にすれば、マナー違反と考えられることはないでしょう。
また、職場や会社関係の方が集団でお見舞いに来てくださったような場合には、快気祝いのお返しの品も、職場の方に配れるような個包装のお菓子やジュースが喜ばれます。

スポンサーリンク

では、職場や会社関係の方からお見舞金をもらったような場合、快気祝いの相場はどのくらいの金額でしょうか。
一般的には、「〜〜部一同」等、同期や有志一同から個別でもらったようなときは、もらった金額の3分の1から半額程度が快気祝いの目安となります。
集団からお見舞金をもらっていれば、お返しについても、全員に行き渡ることを心がけると良いでしょう。
たとえば、同期5名からお見舞金をもらったような場合、もらった側が用意する品物についても、5名全員に行き渡るような品物にすると良いです。
また、たとえ直接お見舞い金等をもらっていなかったとしても、あなたが病気で入院し仕事をできないでいる間、職場の人に迷惑をかけている可能性は十分考えられます。
そんなときのために、会社に復帰する際は、お見舞いに来てくれた、お見舞金をもらった等とは関係なく、会社の方々で食べられるお菓子等を持っていくのも良いです。
これについては義務ではありませんが、社会人としてやっておくと良いことです。

スポンサーリンク