快気祝い 封筒 書き方

退院から回復された方への快気祝いに用いる封筒の書き方について

スポンサーリンク

けがや病気をされた方が無事、回復された時にお贈りする快気祝いについて、その時に用いる封筒の書き方についてご説明します。
まず、快気祝いがどの様な時に適応されるかについてご説明します。
快気祝いとは、何かしらのけがや病気等を患ってしまった方が、病院での入院生活を無事に終えて、帰宅され、職場や社会への復帰がされた時に、身近な方がお贈りするお祝いとして、贈り物をお贈りするという流れがあります。
この様な人生の中でもできる事なら回避したい重大な事柄でもありますので、贈り物をお渡しする際には、必要以上に気を使う必要性も生じてきます。
その為に最も取り組み易いマナーとしては、お祝いをお贈りする際にお品物を包むのし紙や商品券等をお渡しする際に用いる封筒への表書きのルールについて習得されておく事が、手短な思いやりとしてそして、最低限の心遣いとして表明できると思われますので、その手順についてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

先程も述べました様に、病気や怪我は再び患いたくないものです。
その事を念頭に入れながら、どの様なルールがあるのかについてみていきます。
のし紙や封筒に描かれている結び模様について、再び簡単に繰り返される事のない様にとの願いを込めて、紅白での結び切りを選択する事からスタートします。
この様に結び目だけでも送り側の誠意を伝える事が可能となります。
その紅白結び切りのあるのし紙又は、封筒へ表書きとして最も活用されている言葉としては、「祝 御退院」の文字です。
大変身近な方であっても、回復の際には引き続き自宅療養が必要となっているのか、それとも全快を果たされたのかという事については、なかなか把握できずに時だけが過ぎてしまうという事も多いに考えられます。
その様な時に、明確な退院についてのお祝いを贈る事ができるという点に関しましても、この表書きは大変重宝する書き方になっています。
身近な大切なかけがえのない方へ、その方の健康とよりよい回復を願うための快気祝いの際に用いるのし紙や封筒に関する書き方についてのご説明でした。

スポンサーリンク