快気祝い お返し 金額

快気祝い お返しはどのくらいの金額が妥当なのか

スポンサーリンク

入院中にもらったお見舞いのお返しは、ちゃんと行うことがマナーです。
金額の相場はもらったお見舞いの半額〜3分の1だと言われており、その金額よりも安すぎることは失礼に当たりますし、逆に高額すぎると快気祝いを貰った人が恐縮してもらう可能性があるため、相場程度の金額の品物を贈るようにします。
しかし、身内などからのお見舞いで高額な金額を頂いてしまった場合、半額で返すことは贈る側としても品物の選択などに困ってしまいます。
高額なお見舞いは「入院費の足しにするように」という意味合いも込められているため、目上の方や親族からもらうことが多いものです。
この場合には半額でのお返しが高額になってしまう場合には、3分の1程度のお返しでも構わないと言われています。
相手の方との関係性を考え、実家の両親ならば快気祝いとして渡すのは少額のものにして、別の機械を設けて旅行に行ったり食事に行くなどの方法を取るという方法もあります。

スポンサーリンク

一般的に、快気祝いに贈るものとしては「後に形が残らないもの」を選ぶようにします。
不祝儀へ頂いたおかねのため、不幸を後に残さないようにするために後々残らないものを選択するのが一般的です。
砂糖やお菓子、お茶などの「食べてしまえば残らないもの」や、洗剤や入浴剤、石鹸などの「不幸を洗い流す」ものが良く利用されます。
近頃では、好きなものを買ってもらえるように商品券などを利用されるケースも増えてきています。
しかし高額のお見舞いをいただいた方へのお返しは金額のことを考えても品物でお返しするのは難しいことが多いため、近頃ではカタログギフトを選択される人も増えています。
商品券は金額がわかってしまうため、不適切だと感じてしまう人もいるためです。
近しい関係の人で高額のお見舞いをいただいた場合には、本人に直接何が良いのかを聞いて渡すという方法もあります。
商品券やカタログギフトなら、ネットや電話で頼むこともできるため、退院後の体調が思わしくない時にも便利に利用することができます。

スポンサーリンク