快気祝い お礼状 文例

快気祝いのお礼状の文例

スポンサーリンク

快気祝いとは、病気や怪我が全快したことを祝い、本人からお世話になった人にお祝いをお裾分けするものです。
現代では、お見舞いに来てくれた人やお見舞いの品をもらったときの内祝いを快気祝いと呼ぶこともあります。
快気祝いを渡す際には、お礼状を入れた方がスマートです。
特に郵送の場合にはお礼状が必要です。
インターネットで注文すると、お礼状のカードを同封してくれるところも多いですが、やはり手書きのもののほうが丁寧ですし喜ばれます。
とはいうものの、なかなか書く機会もないのでどういった文例なのかわからないという人も多いです。
基本的には、時候の挨拶、病気・怪我で入院していて心配や迷惑をかけたお詫び、お見舞いに来てくれたことやお見舞いの品をもらったことへのお礼、退院したことの報告、快気祝いを贈ることの通達、相手の体調を気遣う言葉、結語、という内容と順序で書かれるのが一般的です。
内容は順序が変わることもありますし、省略されるものもあります。

スポンサーリンク

上司や会社の人へあてたお礼状の文例を見てみましょう。
「拝啓 〜の候 皆様においては健やかにお過ごしのことと存じます。
さて、私事ですが、このたびの入院でみなさまに大変ご迷惑とご心配をおかけしながらも過分なお見舞いをいただき厚く感謝申し上げます。
おかげさまをもちまして〜月〜日に無事退院できました。
つきましては内祝いの印として心ばかりの品を贈らせていただきましたので、ご笑納いただけると幸いです。
まずは略儀ながら、書中にて挨拶にかえさせていただきます。
末筆ながら、皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたしております。
敬具」こうした文例はあくまで一つの例なので、自分の状況におうじて文章を変えても問題ありません。
退院後自宅で療養する予定があり、すぐに職場復帰するわけではないならばその旨は記載した方がいいでしょう。
また、親しい知人あてならばもっとくだけた表現でもかまいません。
大切なのは相手に感謝の気持ちを伝えることです。

スポンサーリンク