快気祝い お返し お礼状

快気祝いのお返しとお礼状について

スポンサーリンク

怪我や病気などで入院していた時にいただいた快気祝いには、お礼状やお返しが欠かせません。
お見舞いしてくださった人にはもちろん、遠方の方などお世話になった人にはきちんと挨拶するのがマナーの一つです。
快気祝いのお礼状を書くときに気を付けたいのは、その文面です。
親しい中の人にはもちろん、仕事でお世話になっている方などに対して書くときは改まってお礼状を書くことが必要になります。
まず、普通の手紙の用にその時々の季節の挨拶を最初に書きます。
そして、見舞金をいただいたことや入院中に訪ねてこられたときのお礼を書きます。
そして、自分の怪我の状況や退院した旨などを記入して、お返しやお礼状を贈ることを伝えます。
そして手紙で終わりの挨拶をするのが一般的な文面です。
気を付けなければいけないのは、重ね言葉です。
重ね言葉は繰り返すといわれているため、快気祝いには使用しないのが一般的です。
ですから、文面を考える時には気を付けなければいけません。

スポンサーリンク

お見舞金や快気祝いなどをいただいた方には、お礼状とともにお返しをするのが一般的です。
いただいた金額やものの半額のものをお返しするのが一般的といわれています。
個人でいただいたときにはそれぞれにお返ししますが、会社や部署単位でいただいたときには、個別ではなくまとめてお返ししてもマナー違反ではありません。
また、快気祝いですから繰り返しがなかったり、後に残らないようにするために食べ物などや消耗品を贈るのが一般的です。
ジュースやお菓子などといったちょっとしたものを贈るのが適しています。
たくさんの方にいただいた場合や、退院はしたけれど自宅で療養中などという場合は、カードなどを作ると便利です。
カードの文面にプラスして一言手書きで書き加えれば失礼に当たりません。
また、ギフトショップなどでは快気祝いの品を販売していることも多いので、それらを使用すれば煩わしさも解消されます。
それらのショップではきちんと熨斗もつけてくれるので安心です。

スポンサーリンク