快気祝いをもらったら

快気祝いをもらったら取るべき対応

スポンサーリンク

快気祝いをもらったら、健康が回復したことを祝いお礼の手紙を出すのが一般的です。
健康が回復した喜びの気持ちと、快気祝いを受け取ったことに対する感謝などを込めてお礼の文を書きます。
お礼状を送れば品物のお祝い返しは基本的に不要となっています。
快気祝いをもらっても、相手の健康状態や様子がはっきりとわからないので電話はせずに手紙を出すほうが良いです。
快気祝いをもらったらお礼状を出すのは、お礼や回復したことのお祝いの意味もありますが品物が無事届いたという報告にもなります。
そのため、手紙を出すことで贈った側も安心できるようになります。
快気祝いをもらったらもらってから数日以内から遅くても一週間以内にはお礼状を出すようにします。
日が空きすぎてあまり遅くなってしまうと快気祝いが届いたのかもわからないですし、なんのお祝いなのかわからなくなってしまいます。
お礼状を受け取る分には、受け取る側も負担にはならないので早めに出すようにします。

スポンサーリンク

お礼状の書き方としては、冒頭はご退院おめでとうございますから始まり、あまり無理をすることがないようくれぐれも体に気を付けて過ごしてもらえるような文面にします。
病気や怪我が治ったと言っても、完治しないものや一旦退院してもこれからも定期的な通院やリハビリなどが必要なこともあります。
退院できたことをまずはお祝いしますが、これからも症状が悪くなることがないように体調に気を遣うような言葉をかけるのが良いです。
快気祝いの品物についての感謝の気持ちを伝え、相手の家族が元気にしているかよろしく伝えてもらうようにします。
仲の良い間柄であれば、最近のちょっとした近況報告も織り交ぜながら文面を作るのも良いです。
入院していれば、その期間はあまり周囲の人の近況などを知る機会も少ないからです。
会社関係の人など仕事上でお付き合いがある人には、相手に失礼のないように自分の立場を考えながら文面を作りお礼状を出すようにします。

スポンサーリンク