快気祝い 郵送

郵送で快気祝いを出す場合のポイントとは

スポンサーリンク

快気祝いとはお見舞いの品を贈ってくれた相手に対して品を贈り返すことであり、通常は手渡しで渡すことが基本となります。
しかし相手が離れた場所に住んでいる場合においては、郵送でも快気祝いを贈ることが可能となっています。
その場合におけるポイントとして、必ずお礼のメッセージを添えておくと相手に喜ばれる傾向があります。
一般的な快気祝いのケースでは、直接手渡しをする際にお礼の言葉を返すことが多くなっています。
しかし郵送の場合にはそれが出来ないことが多いので、メッセージとしてお礼の言葉を伝えていく流れになります。
パソコン入力による郵送でも問題はありませんが、なるべく手書きでメッセージカードを作製した方が良い印象を受けることが多いです。
なので贈る商品と一緒に、手書きのメッセージカードも合わせて贈っていきます。
なお郵便として贈ることになるため、郵便局では送料が商品の重さによって数百円ほど別途でかかることがあります。

スポンサーリンク

 郵送で快気祝いを行う際の重要なポイントとして、商品の他に手書きのメッセージカードを一緒に添えることが大切です。
ですがそれ以外にも覚えておくと便利な秘訣というものがあり、相手のことをある程度考慮することもポイントとなります。
例えば相手が甘いお菓子や食べ物などが苦手という場合には、お菓子やフルーツセットなどを贈ると喜ばれない傾向があります。
そういった場合においては、洗剤やタオルセットといった日常生活でも使えるプレゼントを贈った方が良いです。
逆に紅茶やお茶といった飲み物が好きだと分かっている時には、お菓子セットやタオルセットよりも飲み物を郵送するのも良いです。
ギフト品の中には、お茶や紅茶などの商品の詰め合わせといったものも用意されています。
なのである程度相手の好みを把握している場合には、それに見合った快気祝いを贈るのも有効な方法となります。
それによって、タオルセットなどの無難な商品を贈るより喜ばれる可能性というものも高くなります。

スポンサーリンク