快気祝い 会社 お菓子

会社への快気祝いはお菓子がおすすめ

スポンサーリンク

快気祝いとは、病気がよくなったことを喜んで、本人からお世話になった人や心配をかけた人にお祝いのお裾分けをするというものです。
快気内祝いともいいます。
現在ではそれが転じて、お見舞いをいただいた人にお返しをすることや、全快の報告をすることという意味でも使われます。
会社からお見舞いをもらったときにも快気祝いのことを考えるかと思いますが、返す必要のあるときとないときがあります。
会社の慶弔見舞金などから支払われた場合は、基本的にお返しは必要ありません。
念のため総務に確認をとると間違いありません。
個人名義や、部署名義でお見舞いをいただいた場合は、いただいた金額やものの半分から三分の一ほどの金額を目安に快気祝いを返した方がいいでしょう。
もし五名の連名で一万円のお見舞いをもらった場合には、一人当たり二千円となるので、お返しは五百円から千円ほどの品がふさわしいです。
その際におすすめなのがお菓子やタオル、洗剤などの消耗品です。

スポンサーリンク

快気祝いは、そもそも二度とあってほしくない病気や怪我がきれいになくなったことを祝うものなので、のしをつける場合は一度きりのお祝いに使う結びきりの水引がふさわしく、品物も消えて無くなる消耗品がよいとされています。
そのため、お菓子やタオルなどのもらい手を選ばない日用品がふさわしいです。
お菓子など数に限りのある物は、全員分に行き渡ることを確認して選びましょう。
会社用ならばジュースやコーヒーといったみんなで分けあえるものもおすすめです。
時期としては、復帰当日が望ましいです。
もし、退院後しばらくは療養が必要という場合には、ひとまず快気祝いや手みやげとともに挨拶にいっておくほうがいいでしょう。
所属部署だけでなく、社長などトップの人にも挨拶をしておきます。
また、お見舞いをもらっていなかったとしても、病気により迷惑をかけたことへのお詫びとしてお菓子などを持って行くのはおすすめです。
どのような場合でも、お詫びとお礼の言葉を忘れずに、復帰後は以前にも増して仕事に励むのが大事です。

スポンサーリンク