快気祝い のし 名前

快気祝いののし 名前はどうするのか

スポンサーリンク

快気祝いは、怪我や病気などで入院した時に頂いたお見舞いのお返しとして、お見舞いをいただいた方へ贈るものです。
「無事に退院できました」「お見舞いをありがとうございました」という気持ちを込めて贈るもので、退院から1週間〜10日を目安に贈るようにします。
不祝儀に対してもらったものへのお返しになるため、「不幸を洗い流す」タオルや洗剤、石鹸、入浴剤や、「消えて無くなる」お菓子や飲み物、砂糖を選択されることが多かったのですが、快気祝いの商品の多様化に伴い「何を贈っていいかわからない」という人も増えてきました。
そのため、自分で好きなものを選んでもらえるように、快気祝いの品としてカタログギフトや商品券を選択する人も増えてきています。
金額としては頂いたお見舞いの半額を返す半返しが一般的ですが、高額なお見舞いをいただいた時や会社の人たちがまとめてお見舞いをいただいたときには3分の1程度の金額でも構わないと言われています。

スポンサーリンク

のしをつける時には「不祝儀が二度と来ないように」という意味を込めて、水引が結び切りののしを使用します。
結び切りの水引はほどけにくいため、何度もない方が良いものに対して使用します。
表書きは「快気祝い」「快気内祝い」と書きます。
どちらも同じ意味なので、表書きはどちらでも構いません。」のしの名前は、怪我や病気をした本人の名前を記入します。
姓だけでも構いませんが、下の名前も記載することもあります。
一応退院したけれど、自宅療養が続くという場合には、快気祝いで品物を贈ってしまっても構いませんし、書面でお見舞いの御礼と自宅療養を続けることを書いて送り、全快した時に品物を贈ることもありますが、全快までに時間がかかりそうだったり、忘れてしまいそうという場合には、退院時に快気祝いとして送ってしまった方が良いでしょう。
どうしたらいいのかわからない場合にはその地域独特の風習がある場合もあるので、お店の人に相談してみましょう。

スポンサーリンク