快気祝い 渡す日

快気祝いの品物を渡す日に相応しい時期

スポンサーリンク

快気祝いでは、病気や怪我で入院した方の全快した喜びを含め、療養中においてお見舞いに訪れた方やお世話になった方々に対し、全快の報告としてお礼の品を贈るケースが一般的です。
快気祝いには、病気や怪我を繰り返さない目的や、後に残したくない思いが含まれており、今回限りとする結び切りの熨斗が使用されます。
祝いであるものの、ちょう結びより、ほどけにくい結び切りの水引を選択し、表書きには快気祝と姓名を記すのが一般的な書き方のマナーです。
品物を贈ることが一般的であるものの、近い親戚などの身内においては、品物ではなく祝いとお礼を兼ねた食事会などを提案するなど、もてなしの風習を残す土地柄もありますが、現金を贈ることは相手側に失礼にあたるため、身内においてもタブーとされています。
品物に対する相場に規定はないものの、お見舞い金を頂いている場合にはその金額の2分の1、あるいは3分の1程度の品を選ぶことが失礼にあたらず、適した金額です。

スポンサーリンク

快気祝いの品物を渡す日として相応しい時期は、病気や怪我が完全に治り、退院した後10日以内が適しているものの、遠方に住む方に対して直接赴くことができない場合、渡す日としては退院することが分かった段階で品を選び、退院前または同時に手配しておくことがポイントです。
また、マナーとして渡す日には六曜の1つである友引を避けることも重要となり、友を引くという語呂合わせによる縁起担ぎによる風習も残されており、快気祝いの場合にも友引以外での訪問が大切です。
また、お見舞いとして現金を頂いた場合に商品券を贈るケースが挙げられていますが、現金同様の使い方となるため、特に目上の方には失礼にあたるために価値のある品に置き換えて渡すこともポイントです。
また、病気などが消えてなくなる意味合いのお茶やお菓子などが品として定番であるものの、親しい方の場合にはアルコールなどはもちろん、ビール券を贈ることは常識の範囲内として提案されている内容です。

スポンサーリンク