快気祝い 贈る 時期

快気祝いを贈る時期は

スポンサーリンク

病気で入院したり、けがをしたときは、知人がお見舞いに来たり、多くの人にお世話になることがあります。
けがや病気が治った時に、その人たちに治った報告を兼ねてお礼することを快気祝いといいます。
また、全快したわけではないけれども、自宅療養に切り替わったりする場合、一区切りという意味で御見舞い御礼という品を贈ることもあります。
快気祝いを贈る時期としては、病院から退院してから、または完治してから1週間から10日というのが目安だといわれています。
病院から家に帰ってひと段落して落ち着いたころに贈るというのがベストなタイミングです。
ただ、退院してすぐの状態は、体調がすぐれない場合もあります。
退院した喜びを伝えたい気持ちもわかりますが、先を急ぎすぎる必要はありません。
気持ちと体が回復してから贈ったとしても、退院してから1カ月以内の時期までなら失礼にあたりません。
お返しすることより、感謝の気持ちと全快の報告することが大切なので早く贈ればいいというものではありません。

スポンサーリンク

快気祝いを贈る時期以外で注意したいことは、品物や金額です。
品物に関しては、もらった人が後に残らない、消えるもの、洗い流せるものを選ぶと演技がよいといわれています。
例えば、食べて消えるものや日常的に使用する消耗品を選ぶことが一般的です。
好みや性別に関係ない品物がおすすめです。
会社や複数の人からお見舞いをいただいた場合は、個別包装の品物などみんなで分けてもらえるような品物がよいでしょう。
ただ、親しい人や他人の好みが気になるという人には、最近カタログギフトが人気です。
さまざまなジャンルの商品から、もらった人が好きなものを選べるというものです。
また、金額に関しては、お見舞いをいただいていた場合は、その金額の半額程度のものをお返しするのが一般的です。
さまざまなお祝い返しには、半返しというマナーがあります。
安すぎず、また高すぎても相手に気を使わせます。
ただ、あくまでも目安、相場であるので、感謝の気持ちが伝わるようにすることが大切です。

スポンサーリンク