快気祝い 時期 大安

快気祝いを渡す時期は、無理に大安にこだわらなくても大丈夫です

スポンサーリンク

快気祝いとは、病気や怪我が治ったときに、お見舞金をくださった方やお見舞いに来てくださった方に、感謝の気持ちをこめてお返しをすることをいいます。
病気で辛いときにも、自分のことを忘れずに気遣ってくれたのですから、最低限のマナーを守ってお返しをしたいものです。
では、快気祝いはいつ渡せばよいものでしょうか。
快気祝いには、元気になったことの報告の意味もあるため、早く元気になったことを報告したいがために、病院から退院したその日に快気祝いを贈った方が良いのではないかと考える方もいるかもしれません。
しかし、病気は難しいものですから、もしかすると、退院してから症状が悪化し、またすぐに入院してしまう可能性もあります。
そのような場合、一度退院して快気祝いを渡し、その後また入院すると、周りの方は再度お見舞金を渡したりお見舞に行かなければならないと考える場合もあります。
これは相手にとっても負担になってしまうので、快気祝いは早ければ良いというものではありません。
一般的な時期としては、早くても退院後10日くらいの時期に贈るものと考えられています。

スポンサーリンク

では、退院後10日以上たってから贈るとして、日取りは考えた方が良いのでしょうか。
大安に贈るのが良いという考え方ももちろんありますが、最近では、大安にこだわる必要はないという考え方も強くなってきています。
大安にこだわりすぎて、相手の都合が悪い時期にわざわざ時間を作ってもらい贈り物を渡すのは、相手にとってもかえって失礼にあたることがあります。
そのため、大安に贈れそうだったらそれでも良いですが、都合や事情を考えて難しい場合には、日取りにこだわりすぎず、それぞれの予定を考えて贈るようにしましょう。
また、その際は、あなたの体調を考えることも大切です。
せっかく退院したにもかかわらず、元気な姿をお見せできないと、相手にもいらぬ心配をかけることになります。
無理をせずに、あなたの体調も考えて日程を決めましょう。
ただ、地域によっては、絶対に大安を選ばないとマナー違反と考えられてしまうこともあるので、地域や風習については、ある程度事前に考えておくと良いです。

スポンサーリンク