快気祝い 全快祝い 違い

快気祝いと全快祝いに違いはあるのか

スポンサーリンク

病気や怪我で入院した際にもらうお見舞い。
そのお返しに頂く品物に「快気祝い」「全快祝い」と書いてあることがあります。
快気祝いと全快祝いにはどのような違いがあるのでしょうか。
昔は退院した時に、お見舞いをいただいた方を招いて「退院しました」というお祝いを自宅に招いて行っていましたが、現在ではそれを品物を贈ることで表すようになっています。
昔はお見舞いをもらった人以外でも招いていましたが、現在ではお見舞いをいただいた方にのみお返しするのが一般的です。
快気祝いは「とりあえず退院しました」という場合に使う表書きです。
これからまだ通院しなければならないけれど、退院しました、の報告とお見舞いの御礼を兼ねて贈るものです。
それに対して全快祝いは、病気の治療が完全に終わり、完治しました、という場合にその報告とお見舞いの御礼を兼ねて贈るものです。
どちらの場合にも退院直後はバタバタしてしまうこともあるため、退院から1週間〜2週間をめどにして贈るようにします。

スポンサーリンク

快気祝い、全快祝いとそれぞれお見舞いのお返しとして贈る状況に違いはありますが、その他には同じところもあります。
お返しする金額は、頂いたお見舞いの半額〜3分の1程度の値段のもの選びます。
また、贈る品物も不祝儀をいつまでも残さないためにお菓子や飲み物、砂糖などの「消えて無くなるもの」か、洗剤や入浴剤、石鹸、タオルなどの「洗い流せるもの」を選択するようにします。
現在では日用品である洗剤や石鹸にも好みがあるため、その人が好きなものを使えるように商品券やカタログギフトを贈ることも増えています。
のしも快気祝い、全快祝いともに同じで、二度と起こらない方が良いお祝いのため紅白の結び切りの水引に、名字もしくは名字と名前を記載します。
表書きはそれぞれの退院時の状況によって違い、「快気祝い」「全快祝い」のどちらかを記載するようにします。
お見舞いの品物と共に頂いた気持ちを害することがないように、マナーに沿ったお返しをするようにしましょう。

スポンサーリンク