快気祝い ビール券

快気祝いにビール券を贈ることは可能な否か

スポンサーリンク

一時的に入院生活をした時にお見舞いの品を受け取った場合においては、後日退院した後に相手に快気祝いを贈る必要があります。
その際のプレゼントとして、ビール券という金券を送ることは可能か否かであるかについて検証していきます。
ビールという商品を贈るわけではないため、ビール券をお返しの品として快気祝いでプレゼントすることは可能です。
基本的にビール券は金券となっているので、快気祝いを受け取った相手は好きなタイミングで使用することが出来ます。
主にデパートや酒屋で使用出来ることが多いため、最寄りのお店で消費することが可能です。
実際にビール券や商品券といった金券を贈ることについては、特別無作法であるといったことも基本的にはないです。
なので入院時に受け取ったお見舞い品の金額に合わせて、各自金券として配っていくのが妥当な判断となります。
このようなことから、快気祝いとして贈ることは特別無作法なことではないことがポイントです。

スポンサーリンク

 快気祝いとしてビール券という金券を贈る行為については、特別無作法に当たるということがないのが特徴です。
しかし中には例外というものがあり、1つめに相手が子供であった場合には逆に贈らない方が良いです。
大学生は20歳以上になれば飲酒は可能ですが、高校生以下の場合には法律でお酒を飲むことは禁止されています。
なので相手が高校生以下の子供であった場合には、ビール券を贈ることは相手も使い道に困ってしまうことになります。
同時に普段からお酒を飲酒する習慣がない相手と分かっている場合にも、逆にプレゼントすることは一種のマナー違反となります。
普段からビールを飲む習慣がない相手については、代わりに違う品を快気祝いとして贈った方が良いです。
金券をお返しの品として贈る場合には、商品券を代わりにプレゼントすると良いです。
また金券以外のプレゼントとしては、洗剤やタオルなと日常生活で使うことが出来る品の方が相手に喜ばれる傾向があります。

スポンサーリンク