快気祝い 商品券 金額

商品券など金額にも注意したい快気祝い

スポンサーリンク

病気や怪我で入院をした際にお見舞いをいただいたら、退院後には快気祝いを御礼として送らなくてはなりません。
退院しても自宅療養になるなど体調によっては快気祝いを用意するタイミングは変わりますが、だいたい退院から10日以内には相手に届くようにするといいでしょう。
また、職場の人からいただいたのであれば、復帰して出社した日に持って行くというのが常識です。
快気祝いは、いただいた金額によって変えるものであり、全ての人に同じ商品というわけにはいきません。
一般的には、金額の1/3から半額程度のものを快気祝いとして選びます。
よく利用されているものには、病を水に流すという意味から入浴剤や洗剤、タオルなどが選ばれることもあります。
また、溶けてなくなるという意味合いから砂糖や石鹸、チョコレートなども多く選ばれています。
他にも、食べてなくなるものとして健康を意識したかつおぶしや昆布、厳選した自然食品なども人気があります。

スポンサーリンク

快気祝いで選ぶ商品にもマナーがあり、贈り物をするには特別なものをと考えていても無難な応用力のあるものを選ぶことが安心でもあります。
商品であれば好みによって使わないという人がいる可能性も出てきますが、誰にでも活用してもらえる快気祝いに商品券があります。
商品券は、相手に好きなものを選んでもらうことができ、スーパーやデパートでも使用することができるので日々の生活用品や食品を購入する場合にも活用してもらうことができます。
ただし、商品券となると金額が分かってしまうものです。
そのため、いただいた金額の半返しで用意しておくとお互いに気を使うこともありません。
しかし、商品券は近年利用する人が増えつつあるものの、年配の人では慣れていないことから現金の代わりでもある商品券をお返しとしてもらうことに抵抗のある人もいます。
好きなものを選んで手にしてもらうという点ではカタログギフトなら安心であり、金額が記載されていないので気にすることもありません。

スポンサーリンク