快気祝い 現金

快気祝いに現金はNG

スポンサーリンク

快気祝いは、お見舞や退院祝いとは異なり、入院していた人の方が贈るギフトとなります。
快気祝いは、「快気内祝い」「全快祝い」とも呼ばれるものであり、「快気」や「全快」という言葉は、入院していた人が良くなったことを知らせるために、使われる言葉となります。
ゆえに、快気祝いは、入院していたご本人が、入院中にお見舞いに来てくれた人やお世話になった人たちへ、感謝の気持ちを込めて贈るギフトとなります。
 快気祝いの品物の相場については、お見舞いにいただいた額の半分、あるいは3分の1くらいの金額が目安となります。
現金ではなく、病を後に残さない、病を洗い流すといった縁起を担いで、食べてなくなる品物や消費してなくなってしまう品が、マナーとなっています。
具体的には、お菓子の詰め合わせや洗剤、石鹸などの日用品が適した品となります。
病気が完治し退院などされてから、できるだけ早い時期に、先方に届くように贈るのがマナーとなります。

スポンサーリンク

 入院中のお見舞いを、現金でいただく場合も少なくありません。
現金でお見舞いをもらった場合に、商品券などの金券で快気祝いを贈ることはマナー違反となります。
現金に現金でお返しするという形になってしまうので、失礼になるからです。
前述しましたように、形として残るものではなく、消費されていく品物を選ぶことをおすすめします。
 快気祝いは、社会人としての常識です。
お見舞いにわざわざ来てくれているわけですし、入院したことで仕事上でなど、多くの人に迷惑や心配をかけています。
元気になったことを伝え、感謝の気持ちをきちんと形で表すということは大切ですし、最適な品物を贈るということも社会人として必要不可欠な常識となります。
 最近では、贈った方がすきな品物を選ぶことができる、カタログギフトを選ばれる方も少なくありません。
洗剤や石鹸、ボディーソープなどにこだわりを持っていて、特定の商品だけを使用しているという場合もあります。
その場合、贈っても使ってもらえない可能性もありますので、カタログギフトという選択肢もおすすめします。

スポンサーリンク