快気祝い 金額 相場 目安 いくら

快気祝いの品物金額の目安は 相場はいくらくらいなのか

スポンサーリンク

快気祝いは病気や怪我で入院した時にもらうお見舞いのお返しで、退院してから渡すものです。
退院してすぐは落ち着かないことが多いため、退院後1週間〜2週間ほどの間に贈るようにします。
快気祝いはお見舞いにもらった金額をもとにお返しするものですが、その相場とはどのくらいなのでしょうか。
基本的に快気祝いの品物金額はもらったお見舞いの半額を返す半返しが相場だと言われています。
5000円のお見舞いをもらったら2500円程度の金額の品物を贈るのが目安です。
しかしお見舞いの金額が高額すぎる場合などはお見舞いにもらった金額の3分の1程度を目安にしても良いと言われています。
10000円のお見舞いをもらったのに1000円程度のお返ししかしないのは相手の方に不快感を持たせてしまうことになったり、逆に10000円のお見舞いのお返しに10000円近いものを贈ってしまえば負担になってしまうことがあります。
お見舞いにもらった金額の半額〜3分の1程度を目安にお返しをするようにしましょう。

スポンサーリンク

快気祝いの相場はお見舞いの半額〜3分の1程度ですが、現実的にはきちんとこの範囲に収まらなければならないというわけではありません。
現在は贈る品物も多様化しており、昔はいくらのお返しなのかがわかるから良くないと言われていた商品券なども利用されるようになってきています。
しかしマナーにうるさい人はいくらのお返しなのかがわかるものは良い顔をされないこともありますので、高額なお見舞いをもらった場合のお返しにはいくらのものなのかがわからないカタログギフトなどを贈る人も増えています。
職場の人の場合には、個別にもらった場合には個別にお返しをするべきですが、何人かでまとめてもらったお見舞いの場合には個包装になっていて日持ちのするお菓子が手軽で分けやすいため人気です。
この場合にはお見舞いの半額〜3分の1に収まらないこともありますが、他の同僚の人がどのようなお返しをしたのかを見ておいたり、聞いてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク