快気祝い のし 書き方

快気祝い のしの書き方はどうすれば良い

スポンサーリンク

入院中にもらったお見舞いのお返しとして贈るのが快気祝いです。
「入院中はご心配を頂きありがとうございました。
無事退院しました」という意味を込めて贈るものです。
昔は退院した際に近所の人などを自宅に呼んで快気祝いを盛大に行っていたため、お見舞いをもらっていない人にも快気祝いをしていましたが、現在ではお見舞いをもらった人だけにお返しするのが一般的となっています。
快気祝いは不祝儀でもらったものへのお返しのため、のしは結び切りのものを使います。
結び切りののしは「何度もない方が良いもの」という意味で、水引がきつく結ばれているのです。
のしの書き方は、表書きは「快気祝」「快気内祝」とし、名前は名字だけもしくは名字と名前を書くようにします。
書き方に「快気祝」「快気内祝」がありますが、マナーとしてはどちらでも構わないと言われています。
地域により差があることもありますので、お店の人などに聞いてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

退院時に全快していた場合には「快気祝」「快気内祝」でも構いませんが、人によっては「全快祝」という書き方をすることもあります。
また、商品は慎重に選ぶようにしましょう。
不祝儀をいつまでも残さないという意味で、形に残るものを贈るのはマナー違反です。
昔から「食べるとなくなる」お菓子、お茶、砂糖や「不幸を水に流す」洗剤、入浴剤、タオルが快気祝いの定番の品となっています。
高額のお見舞いをもらった場合や、相手の好みがわからないからという理由で近頃では商品券やカタログギフトを贈る人も増えています。
商品券は金額が明確にわかってしまうため、厳しい方にはマナー違反だと思われてしまう可能性があるため、注意が必要です。
贈るタイミングは退院直後はバタバタとしてしまうため、退院してから1週間〜2週間ほどの間に贈るようにしましょう。
「今回退院したけれど一時退院で、また治療のために入院する」というような場合には、まだ治療は続きますが先にお見舞いのお返しとして品物を贈っておいたり、本当に退院できたときに贈ればいいと言われています。

スポンサーリンク