快気祝いとは おすすめ 品物 時期

快気祝いとはどんなものか、おすすめの品物とは、贈る時期は

スポンサーリンク

快気祝いとは病気やケガをしてしまった時にいただいたお見舞いに対してのお礼のことです。
また「お陰様で病気やケガが治りました。」という全快したことの報告も兼ねています。
病気やケガの状態によりまだ治療が長引きそうな時は、一度お見舞いのお礼ということで「お見舞い御礼」を贈る場合もあります。
快気祝いのおすすめの品物は、調味料やお菓子などの食品・コーヒーやお茶などの飲料・洗剤や石鹸・タオルなどの消耗品です。
快気祝いとは病気やケガがきれいになくなったということを祝うものですから、このような物が定番になっています。
使って後に残らない物、消えてなくなる品物を贈ることが快気祝いのマナーなのです。
更に相手の健康にも気遣った品物であると喜ばれることが多いです。
ギフト券などの金券類は、特に目上の方に対しては失礼になってしまうので避けたいものです。
相手の方の好きな品物を自由に選んでいただきたいという気持ちがある時には、カタログギフトがおすすめです。

スポンサーリンク

快気祝いとはお見舞いに来てくださった方にお礼や感謝の気持ちを表すものですから、贈る時期はあまり遅くなりすぎないことが大切です。
だいたい退院後1ケ月以内が良い時期です。
しかし病状が安定しない場合は、安定してからでも差し支えありません。
お返しの時期が極端に遅くなってしまったということでなければ問題ありません。
大切なことは贈る人の気持ちを表すことです。
おすすめしたいことは、品物と一緒にお礼の手紙や礼状を添えることです。
「お見舞いをいただいたことへのお礼の気持ち」「今の体調の状態」「退院した月日」などを記します。
難しい言葉を並べる必要はありません。
「おかげさまで元気になりました。」「お見舞いをいただきまして本当にありがとうございました。」というような、感謝の気持ちを表すことが相手へのマナーです。
これらのマナーを一つ一つ大切にしていくことが、その後のお付き合いの仕方にも影響していくものと思われます。

スポンサーリンク